サンプルでイメージしやすいミニのぼり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニのぼりを発注する際には、先にサンプルを作成してもらって確認するのが鉄則です。期待に胸を膨らませていたのに、いざ現物が手元に届いてみたらイメージとまるで違っていてガッカリ、という事態になるのは何としても避けたいものです。特に初めて注文する場合にはどのような仕上がりになるのか想像しがたいのは仕方のないことですので、発注を決定する前に自分の目で確かめるのは非常に有効な手段となります。
サンプルで事前確認をするのも大切ですが、それ以上に重要なのが完成品の明確化です。何を最もアピールしたいのかやこだわりポイントはどこにあるのかなど、可能な限り具体的にイメージしましょう。もちろん初めての場合は自分の頭の中のイメージをはっきりさせるのは難しい作業ではありますが、実際に出来上がってきたときに、こんなものかと妥協するのか、思い通りの仕上がりだと満足するのかでは雲泥の差があります。
なぜミニのぼりを作ることにしたのかという経緯を考えれば、完成品の質で士気の上がり具合がまったく違います。無料サンプルを実施している業者を選んで、納得のいくものを手に入れましょう。

デザインのチェック

サンプルを取り寄せたら、まずはデザインがイメージ通りに表現されているかをチェックしましょう。ミニのぼりは視界に飛び込んできた瞬間のインパクトが物を言いますので、一生懸命考えたデザインが十分に活かされているかをサンプルで改めて見直します。
特に文書作成ソフトや表計算ソフトなどで作成した簡易原稿を元にして業者がデザインを起こす場合は、フォントや色使い、あるいはレイアウトがイメージ通りかをチェックする必要があります。その際、デザイン作成費以外に修正費を別に請求する業者もありますし、何度でも無料で修正してくれるところもありますので、事前に確認しておきましょう。自分で作成した原稿がそのまま印刷されるのであればさほど問題はありませんが、材質によって発色の具合がいまひとつイメージと違うというケースもあります。
いずれにしても、せっかく作るからには良いものが欲しいと思うのは当然です。サンプルをもらって本当に理想通りなのかをチェックし、気になる点があれば修正を依頼するのがベストです。

全体の仕上がりを確認

見た目はもちろん重要ですが、使用するからには使い勝手が良いかどうかも重要なポイントとなります。特にミニのぼりはさまざまなシチュエーションで使用されますので、サンプルで確認しておきましょう。
具体的には、ポールを通すチチが旗に丁寧に取り付けられているかや、設置時にすぐに倒れたりしないかなどを確認します。特にスタンド型のポールは、ウェイトがあるかないかで安定感がかなり違います。ウェイト付のほうが少々高額になりますが、コストを削減しても使い心地が悪ければ逆に無駄になってしまいますのでよく考えましょう。
デザインの良さと扱いやすさは別物です。設置場所にふさわしい丈夫さや安定感なども考慮したうえで、サンプルを手に取って判断するのが賢明です。

ピックアップ記事

社内メッセージ入りのミニのぼりもあります

ミニのぼりと言えば商品の販売促進のために使うグッズであるというイメージが強いですが、それ以外にもさまざまな用途があるのがミニのぼりで、大きな魅力があります。中でもよく使われているのが、会社がお客様に対...

ミニのぼりは布製と紙製のどちらが良いのか

現在一般的に販売されているミニのぼりは、布製と紙製の二種類に大別されます。布製と紙製とどちらが優れているのかと言えば、それぞれに長所があるので優劣はありません。いつどのような場面で使用したいのかによっ...

ミニのぼりを商品棚に設置してアピール

ミニのぼりは30~40cmほどのサイズですので、商品棚などアピールしたいもののすぐ近くに設置が可能です。そのためお客様の目を引きやすく、購買欲をかきたててくれます。特に何を買おうか迷っているお客様にと...

サンプルでイメージしやすいミニのぼり

ミニのぼりを発注する際には、先にサンプルを作成してもらって確認するのが鉄則です。期待に胸を膨らませていたのに、いざ現物が手元に届いてみたらイメージとまるで違っていてガッカリ、という事態になるのは何とし...